東京 練馬区 放課後等デイサービス たまみずき 特別支援のお子さんをサポート

たまみずき
Tel.03-5923-7188Tel.03-5923-7188
受付時間 10:00~18:00  日・祝以外
求人に応募する お問い合わせ
  • HOME
  • 弊社が選ばれる理由
  • 選ばれる理由
  • サービスのご案内
  • お客様の声
  • 事業所案内
  • スタッフ募集
  • お問い合わせ

代表者のご紹介

たまみずきグループ代表    櫻井 元

私も障がい児の父です。この事業を始める前は、放課後に子どもを預ける施設が少なく、困ってました。

私と同様の親御さんがたくさんいたという事や、預ける場所が少ないなど、この状況をどうにかしたいという気持ちから平成21年9月1日に障がい児専門のデイサービスを開所しました。

その後、事業所を増やし、放課後等デイサービス、ケアサポート、相談支援事業と多方面からサポートしています。


たまみずきとは・・・

たまみずきは、平成21年9月1日に始まりました。
障害福祉サービスである「児童デイサービス」(開所当時の名称)が最初です。
「たまみずき」という名前は、創業者の櫻井元の双子の娘からとったものです。
珠希(たまき)、瑞希(みずき)をくっつけたものです。母親が命名しました。
二人は先天性のレット症候群という診断がついています。
小学校までは、練馬区の石神井養護学校(現特別支援学校)に通い、中学校から杉並区にある永福学園肢体不自由教育部門に通っています。

当時、現在のように障がいを持っている子どもが放課後通う場所がありませんでした。
近隣に1軒ありましたが、既に定員いっぱいでした。
預け先を探しているときに、練馬区の福祉事務所や東京都に足を運び、調べていくうちに「自分でやってしまえ!」ということになりました。

たまみずきの理念

「障がいを持った子供とその家族が普通に暮らせるために」

普通というのはとてもあいまいな言葉です。
家族が、障がいを持った子どもがいるから何かを躊躇してしまうというのは良くあることです。
この「躊躇」が無くなるためにはどうしたらいいか?ということを常に考えることが大事だと思っています。

そのために、具体的な行動指針として

  1. ご家族への支援を大切に
    特に、介助の中心であるお母さまとのコミュニケーションをとること。
    じっくりお母さまとお話しする機会はなかなかありませんので、支援中のことを誠実にお伝えすることを心がけています。保護者との信頼関係がなければ、良い支援・活動はできないと思っています。独りよがりのサービスになったり、保護者から見れば「預かってくれるだけでいい」と何も期待されないということも起こります。もちろん利用者本人の支援も大切です。苦手なことが克服できたり、得意なことを見つけて伸ばしていく。子どもの成長を一緒に喜べる存在でありたいです。
  2. 地域に密着した活動
    家族だけではなく、生活している地域社会に「たまみずき」という場所があるということを知ってもらう。
    また、様々な障がいを持った子どもがいるんだよ。ということを活動を通して伝えていきます。
  3. 安定的な事業運営
    福祉事業はボランティアではありません。今やサービスを利用するには契約しないと利用できません。他の商売となんら変わらないのです。利用者の利用がなければ1円たりとも収入にはなりません。しっかり利用を確保しないと継続的な事業を営めないのです。

以上の3つ、どれが一番ということではなく3つすべて意識して日々業務に励んでいます。


ロゴ どんなことでもお気軽にお問い合わせください
03-5923-7188
 受付時間 10:00~18:00  日・祝以外
求人に応募する お問い合わせ